2011年08月09日

スクライドオール!!!

お前に足りないものそれはッ!情熱思想理念優雅さ勤勉さそして何よりも!速さが足りないッ!!!
…とゆーわけで(?)スクライドです。サンライズフェスティバルです。夏嵐です。行ってきたぜスクライドオールナイト!!
今年の皮切り作品がスクライドとゆーことで必死にチケット取って(ものの10分で完売しましたねw)行ってまいりました!サンライズ作品の中でも群を抜いて大好きです、スクライド。俺の青春時代を代表する作品のひとつだね(どんな青春なのかについては訊かないで)
ってことで軽く感想とかレポとか。




会場着いたのは大体30分前ぐらいだったのですが、結構人が集まってて普段あまり人がいないだけにびっくり(笑)
会場限定ポスター付き前売りも無事買えました^^いや限定250だかっていってたからあるかどうか不安だったんだ…スクライドクラスタもなかなか手ごわいんだぜ
で、ロビーはサンフェスなだけあってサンライズ関連のポスターがわんさか^^カードゲームのポスターとか(スクライドとタイバニ!)そして階段下にはおじさんとバニーちゃんの立ち絵ポスターが…!思わず写メりましたよええ…照明の関係でおじさんの顔が光っちゃって(笑)んー微妙ーと思ってたら後ろにいたおにーちゃんに「こっち(ナナメ)から撮るといいですよ」って親切にアドバイスまで頂いたりして(笑)おかげで綺麗に撮れました^^ありがとうそしてありがとう
因みに待ち時間はずっとそこに座ってました(笑)振り返れぱおじさんとバニーちゃん^^至福!
…タイバニで盛り上がってどうする(笑)
ロビーにはS.H.Figartsのカズマ(第ー形態・第二形態)と劉鳳・絶影、クーガーのアニキとそしてワイルドタイガー・バーナビーが飾ってありました!魂フェスには行けなかったので本物見るのは初めてです…なるほど…タイバニ確かに出来がいい…クリアパーツが映えるデザインよねぇ、これは売れるわ、って違う違うwスクライド三体もかなり精巧な出来でカッコよかったっす。絶影なんかかなりリアルだし^^カズマは三体飾ってあってそれぞれがちゃんとシェルブリッドのポーズなんですよねー、カッコいい^^個人的にはクーガーのアニキがちょっと欲しかったんだぜ^^裏山^^
そんなこんなでソワソワしているうちに開場。因みに立見席だったので一番後ろで鑑賞してました。流石にずっと立ちっぱなしは辛いかな…と思ってたのですが会場側が座布団を用意してくださっていたのでたまに座ってみたり。予想していたより楽でありがたかった^^
というか合計で約8時間近いスケジュールで正直だるいかなーと思ってたんですけど全然そんなことなくて、寧ろホントあっという間に朝になっててびっくり(笑)1話約25分としてもその25分があっという間!一度見て知ってる作品のはずなのにあっという間でどんどん引き込まれていって、ああやっぱり自分スクライド好きなんだなぁと再確認。自分の中で一、二を争う名作です、アレは。
時折入るギャグ描写(かいしょーなしのロクデナシ、とか。ビフ君とかw)でクスクス笑いが漏れたり、君島の回である12話ではあちこちからすすり泣く声が聞こえてきたり。開場が一体でスクライドにどっぷりハマってる感じがやっぱり楽しかったですねー。
最初に1、2話を鑑賞してその後トークイベント。覚えてることを軽く箇条書き↓
・ゲストは谷口監督、脚本の黒田さん、保志さん、緑川さん。
・ほっしーの挨拶はやっぱりあれなんだね!久々に聞いた(笑)
・スクライドオールナイトイベントについては谷口監瞥曰く「公開処刑されている気分」(笑)
・番宣ポスター(カズマの背中がメインのもの)は作品を説明する際に主旨がぶれないようカズマのみになっているという話
・何故かその番宣ポスターを見たことがないと言い出す緑川氏(笑)
・「役作りにいっぱいで覚えてない」→「じゃあ(番宣ポスターを覚えていた)保志さんは役作りに余裕があったと」(笑)
・必死に言い訳するほっしー(2話の出番が少なかったから、その時に見て覚えてたとか何とか)
・緑川氏曰く、第一話のアフレコの際ほっしーは監督になにかとんでもないことをトイレで言われたらしい
・だが肝心の本人たちが覚えていない(笑)
・「女性が多いので言わないでおきますけど」何言われたんだ一体!(笑)
・緑川氏はスクライドキャラを片っ端から物真似していた
・だがそれを本人が覚えていない(笑)
・ていうかほっしーと緑川氏はなんでお互いのことは覚えてるのに自分のことは覚えてないかな!w
・黒田さん独特の言い回しが熱い台詞については、メインは監督とキャッチボールで決めていった
・逆にクーガーや雲慶とかは一切修正なしw監督曰く「直しようがない」w
・一番キャラが変わったのは瓜核
・クーガーの台詞は予め用意していた台詞に対して津久井さんが早すぎて逆に尺が余って(笑)あとから黒田さんがその場で足したりした
・尺余るってどんだけ…
・その台詞を考えている時に目の前に(出番待ちの)若本さんがいらっしゃって大いに緊張されたとか(笑)
・オルタネイションの企画は監督から言い出したのではなくスポンサー側からの希望で発足したもの
・新規パートでは新キャラが四人ぐらい(ワンカットも含め)
・サブタイの意味はそのまんま「道」と「拳」
・緑川・保志両氏とも「あの頃の叫び声を出せるようにがんばります」とのこと(笑)
・ほっしー「最近あんまりこうやって叫ぶキャラをやってないから…いやBASARAとかありますけど」(笑)
・自分で言っちゃったよw
・トークイベントは大体1時間ぐらいで終了、最後にサイン入りポスタープレゼントのじゃんけん大会
・監督「これから朝まで見るんですよね…がんばって下さい」(笑)

休憩タイムなんかの空き時間にはサンライズ作品のCMが流れてました。個人的に気になったのをいくつか↓
・境界線上のホライゾン、映像見る限り凄く厨二くさくって(良い意味で)面白そう。絵が好きかも。
・ガンダムAGEは絵(というか、キャラ)がとても子供向けな感じなのにあれで話が重いんですよね確か。ていうか絵に対してバックグラウンドがすげー重そうで(苦笑)放映始まったら見るつもりだけど、ちょっとどうなるのか期待してる
・こう、ガンダムとかの合間にアビスのCM(DVD-BOX)が挟まるとすごい違和感(笑)アビスも製作サンライズなんだよね…
・セイクリッドセブンの主題歌地味に好き。ていうかセイクリは何気にちゃんと見てるんだぜ…アルマと鏡可愛いよだが腐萌はない

そんなテンションで14話まで鑑賞!話的には丁度無常が現れて〜というすごいイイトコロで終わられて(笑)何故ダイジェストにしなかったし!だが削られても困る!みたいなジレンマを抱えつつ終了しました^^(多分23日辺りが後半戦なんだろ内
容的にww)あ、勿論帰って15話から見直したお"""^^だってあのまま終われないし^^^^^
そしてタイバニクラスタの滾りっぷりを見て(゜д゜)ポカーンとなるという…うん、なんだろ、逆にリアタイで見なくて良かった…のか?
でもとりあえず、改めて自分がこの作品大好きなことを実感しました^^10年経っても色あせないぜ。
これからBlu-rayBOXも出るし、まだまだ大好きでいたいと思います^^
posted by 緋月 at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219347125
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。